一雫ライオン
著者のコラム一覧
一雫ライオン作家

1973年、東京都生まれ。明治大学政治経済学部2部中退。俳優活動を経て、35歳のときに演劇ユニット「東京深夜舞台」結成を機に脚本家に転身。主な脚本作品に、映画「TAP 完全なる飼育」「サブイボマスク」、東野圭吾原作「パラレルワールド・ラブストーリー」など。2017年に家族愛を描いた「ダー・天使」(集英社)で小説家デビューし、翌年「スノーマン」出版。最新作は幻冬舎から出版予定。

物書きは人と出会ってなんぼ 出会いも文字にして原稿料を

公開日: 更新日:

「どうすれば脚本家や小説家になれますか?」

 作家志望の青年の相談に乗る羽目になったのだが――。

 ☆ ☆ ☆ 

 唐突に青年からメールがきた。

〈一雫ライオンさま いままで作家になりたい僕の質問にお答えくださり、ありがとうございました。作家になるのは辞めました。長いか短いかはわかりませんが、ありがとうございました。お身体ご自愛ください〉

 別れはいつだって突然。相変わらず「長いか短いかはわからない」など丁寧な子なのか阿呆なのかわからぬ子だが、なんだか寂しい。ちょっと面倒な21歳の君とのやりとりがルーティンにもなっていたから、ちょっと切ない。それよりなんだか、告白もしていない子に勝手に振られたみたいでおじさん悔しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る