三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

芸人の高座機会均等のためにもぜひ「寄席ドラフト」を!

公開日: 更新日:

 今週月曜にプロ野球ドラフト会議が行われ、我が阪神タイガースは今年のドラフトの目玉、近畿大学の佐藤選手の交渉権を得ることができました。ただ育成下手には定評のある阪神。すでに阪神ファンたちはこの大器をちゃんと育てられるのか心配で仕方ありません。例えるなら、クラスの憧れのマドンナに思いきって告白してみてOKはもらえたものの、デートコースも会話もたどたどしい童貞みたいなものです。

 ところでどの球団からも声がかかる有力選手はさておき、何とかプロになりたいという選手も多いはず。場を与えられることで大成することもありますしね。そんなことを考えると我々落語界も有力落語家は寄席をいくつも掛け持ちし、そうじゃない芸人は出番が多くありません。場を与えて大成する芸人を増やすため、芸人の高座機会均等のためにも寄席ドラフトをやってほしいですねえ。

 5年に1度、寄席の席亭が集まって希望の芸人を指名。指名された芸人はそこの寄席一軒に5年間専属するという寄席ドラフト。そうすれば一部の芸人に出番が偏らず、またおのおのの寄席の番組も個性的になるじゃないかと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る