神田松鯉
著者のコラム一覧
神田松鯉講談師

昭和17年生まれ。群馬県出身。新劇・松竹歌舞伎などの俳優を経て、昭和45年2代目神田山陽に入門。昭和52年真打ち昇進。平成4年3代目神田松鯉を襲名。令和元年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

今の講談界を支えているのは女性 その数は男性の倍だ

公開日: 更新日:

 古典芸能はいくつかの流派などに分かれているのが普通だが、講談はどうなっているのか。

「講談には2つの団体があります。私の師匠2代目神田山陽がつくった日本講談協会と、講談協会です。私が神田一門の総領で弟妹弟子は両方の団体にいますが、みんな師匠山陽の弟子です。日本講談協会の会長は私の妹弟子の神田紅で、講談協会の会長は一龍斎貞水先生です。81歳の貞水先生は人間国宝で、一番古い現役の講釈師です」

 ちなみに、松鯉師匠は日本講談協会の名誉会長を務める。

 講談協会には一龍斎、宝井、田辺、神田、桃川という江戸時代から続く派がある。

「例えば6代目一龍斎貞山先生は『赤穂義士』で売れたので、『義士伝は一龍斎のお家芸だ』なんて言います。すごく売れた人がいると○○派のお家芸と言う傾向があるんですね。初代の神田伯山は『徳川天一坊』で蔵を建てたという川柳ができたほどで、神田派のお家芸といわれるゆえんです。宝井派は4代目の宝井馬琴先生が軍談で売った。田辺派はあのヒゲの一鶴先生が弟子を多く残しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る