視聴者ドッチラケ…感染者数ばかりを追う情報・報道番組

公開日: 更新日:

 コロナが一定のレベルで落ち着き、情報・報道番組の視聴率が大きくダウンしている。4月の緊急事態宣言前後は週間視聴率ランキングのトップテンに7、8番組が名前を連ねたが、先週はNHK「ニュース7」1番組になってしまった。

 緊急事態宣言の4月7日の「ニュース7」は19時30分~20時に26・8%を記録し、他の番組も軒並み15%以上だった。10月19日の同番組は15・6%(19時~19時30分)が最高と10ポイント以上ダウンしている。報道では民放トップだった「報道ステーション」(テレビ朝日系)も4月9日に18・5%だったのが10月19日は12・8%と6ポイント弱のダウンだ。

 どんなに「新たに○○人」「感染拡大」とあおっても、日本では新型コロナの爆発的な感染は起きていない。欧米を第2波だか第3波だかが襲い、例えば英仏のように、死者が1日当たり最多を記録している状況とは明らかに異なる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る