負け組ワイドショーの勘違い…橋下徹や田村淳が救世主?

公開日: 更新日:

 連日、新型コロナウイルス一色で絶好調だったワイドショー勝ち組の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)や「news every.」(日本テレビ系)も、ここにきてさすがに息切れしてきたが、この波に乗り損ねた負け組はいよいよ厳しい。朝ワイドの最下位、TBS系「グッとラック!」は、もう後がないと今週から大幅リニューアルしたものの、浮上は厳しそうだ。

 番組のウリは、メインキャスター立川志らくの忖度のない口上ということなのだが、コロナ対策で政府を厳しく批判するライバル番組に比べると、後手後手で、辛口でも毒舌でもなく、説教くさいことばかりをしゃべっている。

 もともと志らくは女性の好感度は低く、なぜMCに起用するのか、TBS内部でも異論は多かった。案の定、1年経っても、世帯視聴率は2~3%前後と墜落寸前の超低空飛行のままだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る