てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

ダメな部分をさらけ出す落語好き「R-指定」の業の肯定

公開日: 更新日:

「高1の時はおもろいと思ってたんや……」(R―指定/テレビ朝日「イグナッツ!!」11月3日放送)

 MCバトルで絶対的な強さを誇るラッパーのR―指定(29)と、「世界一」の称号を持つDJ松永(30)からなるHIP HOPユニット「Creepy Nuts」。現在は本業の音楽はもとより、お笑いコンビEXITと共に冠番組を持つなどバラエティー番組を席巻している。千鳥のノブをして「最近テレビがR―指定さんに頼りすぎ!」(AbemaTV「チャンスの時間」2020年8月5日)と言わしめるほどだ。

 そんなR―指定は、ラップを人前で披露し始めた高校時代、その名前を笑福亭や三遊亭などの落語家を模して「R―指亭」という表記にしようとしていたという。当時のmixiのアカウント名は本名の「恭平」から「R指亭狂HEY」だった、と松永に暴露されてR―指定がこぼした一言が今週の言葉だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る