てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

ハッピーなバカネタ もう中学生が目指すオモシロトラウマ

公開日: 更新日:

「2027年を視野に入れたゲームです」(もう中学生/NHK・Eテレ「シャキーン!」10月19日放送)

 段ボールには、おにぎりが描かれている。そこに黒く塗った四角い段ボールをもう中学生(37)がかざすと、見ている者たちが「のり!」と声を上げる。それを外すと、今度は「こめ!」とコール。それを「のり! こめ! こめ!のり!」などと繰り返していくシュールなネタが、“もう中”の「のりこめゲーム」だ。これについて語ったのが今週の言葉である。

 ネタの披露後、もう中は段ボールに色を塗るこだわりについても「日光にあてる」と意味が分からないことを言っている。「お日さまを浴びせると、段ボールがあったかくなる」「あったかいとほら、気持ちいいじゃん!」と。

 幼い頃から、父親の影響でお笑いをよく見ていた、もう中はダウンタウン松本人志に憧れた。一見、似ても似つかぬ芸風に見えるが、本人は意に介さず、こう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る