お笑いの“世代”って何だ? 若手「第7」芸人に「第3」の壁

公開日: 更新日:

「第7世代」という言葉を見ない、聞かない日はない。

 お笑い第7世代のことで、2018年のM―1グランプリ王者「霜降り明星」を筆頭に、同年のキングオブコント王者「ハナコ」のほか、「ミキ」「宮下草薙」「EXIT」「四千頭身」「ガンバレルーヤ」「ぺこぱ」など、おおむね“平成”生まれの人気の若手芸人のことを指す。

 ちなみに、第1世代は「コント55号」「ザ・ドリフターズ」、第2世代は“お笑いビッグ3”の「タモリ」「ビートたけし」「明石家さんま」、そして第3世代は「とんねるず」「ウッチャンナンチャン」「ダウンタウン」などとされる。

 自身は第4世代の土田晃之(48)は先日、朝の情報番組で、今の第7世代の勢いが第3世代の時と「似ているような気がする」なんて話をしていたが、本当にそうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  2. 2

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  3. 3

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  4. 4

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  5. 5

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  6. 6

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  10. 10

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

もっと見る