二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

恋多き松坂慶子と無名のミュージシャンの結婚に父は大反対

公開日: 更新日:

 芸能人の結婚・離婚のカギを握るのは母親である。事が起これば母親の取材は鉄則だった。父親が取材を受けるケースは少なかった分、強く印象に残っている。

 古くは女優・十朱幸代の父で俳優の故・十朱久雄氏。すでに俳優をリタイアしていた頃だった。都内にある自宅に行くと、丁寧に応じてくれた。聞くのは娘の結婚話。

 十朱は17歳の時に歌手で俳優の小坂一也と恋に落ちた。以後、小坂一筋、実に15年間、事実婚状態だった。十朱のブレない愛にスキャンダラスな報道は減り、「いずれ結婚するだろう」と見守っている感じだった。それでも「いつ結婚するのか」だけは気になる。カギを握るのは父親だった。

 温厚で物腰の柔らかい父親は「僕はわからないな。いい青年だと思うけど、結婚は2人の問題」と笑うだけで、もっぱら世間話をしていた。そんな父を心配させまいと、十朱も近くに自身の家を建設。ちなみに、壁が薄いピンク色だったことから、「ピンクの御殿」と呼ばれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  2. 2

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  5. 5

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  6. 6

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  9. 9

    ハンバーガーを求めて大行列! 最大「14時間待ち」の仰天

  10. 10

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

もっと見る