二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

張り込みの珍事 矢沢永吉が「悪いけど送ってくれないか」

公開日: 更新日:

 芸能記者にとって張り込みは日常の仕事。成果が出ればいいが、外れもある。結果によって疲労感は雲泥の差となる。

 張り込みは事前のロケハンから始まる。いかに見つかりにくく、周辺に迷惑をかけないかだが、場所や時間によってはアクシデントが起こる。そのひとつが近隣住民からのクレーム。「何時間も路上に車を止めて、中に怪しい男の人がいる」と警察に通報が入る。やがて自転車に乗った警官が来るのが通例だが、時にはパトカーのサイレンを鳴らしてくる。「なにかあったのか」と他人事のように思っていると、それが我々だったりして驚いたこともある。

「ここでなにをしているのですか」と職質が始まる。「張り込みしている」と正直に言うのが基本。変にごまかしてバレた場合、ややこしいことになるからだ。ただし、なんの目的で誰を張り込んでいるかは絶対に言わない。

 事情を聴いて、理解してくれる警官もいれば、退去命令する人もいる。厳密に言えば、天下の公道だ。駐車違反や不法侵入など違法行為がなければ問題はないはずだが、大使館など要人警護付近の張り込みは難しい。それを知ってか、大使館近くに住む芸能人も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る