著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

公開日: 更新日:

 ジャニー喜多川氏はアイドルをつくるだけでなく、デビューしたグループの現場に足しげく通っていた。コンサートでは前方・後方、左右とさまざまな角度から舞台を見ていた。客席のファンも「スタッフの人」と誰もジャニーズの社長とは思わない。

 見る目的は客の反応を確かめるだけでなく、あらゆる角度から舞台をチェックすることで、メンバー個々の立ち位置から顔の向きまで、どの角度からカッコよく見えるかを見ていた。「本場ブロードウェーを見ていた感覚を生かしたのだろうと思う」と音楽関係者は話していた。思いついたことは、即座に指示。修正させた。

「ジャニーさんはあらゆるジャンルの舞台や音楽を研究。いい面を切り取り生かしている。日本では宝塚の影響が大きい。堂本光一の舞台『ショック』の演出は宝塚の舞台を意識したものといわれています」(芸能関係者)

 ジャニー氏自身は歌も踊りもやらないが、まるで頭の中で踊っているように指示できる。そこには人並み外れた記憶力があるという。昨年6月、83歳で亡くなった作曲家・服部克久氏を取材した折、交流のあったジャニー氏のエピソードを聞いた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路