二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(6)

 歌手でも俳優でもない「アイドル」という新たなジャンルをつくったジャニーズは独特のスカウト方法を取っていた。

 創設者のジャニー喜多川氏が一手にスカウトを担い、東山紀之が渋谷のスクランブル交差点で声をかけられたように街中でのスカウトが主体だった。

 歌手・俳優としての才能などわからない。すべてはジャニー氏の感性とひらめきによるビジュアル面からだった。歌や芝居の才能を見ずにビジュアル面だけで決める。

 そこにはひとつの傾向が見て取れる。顕著なのが顔と体形。初代グループ・ジャニーズから現在のメンバーの顔を並べると、いくつもの「似た顔」に分類できる。堂本光一滝沢秀明(現・事務所副社長)のような可愛い系。東山や木村拓哉のような、りりしい美形。諸星和己・中居正広のやんちゃ系と大きく3タイプに分かれる。さらに草彅剛大野智といったクラスに1人ぐらいはいるタイプ。体形も一貫してスリムで小柄だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  8. 8

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る