大黒柱・嵐の再集結は“事務所都合”…後輩3組では影響力減

公開日: 更新日:

 デビュー25周年となる2024年には再集結するのではないか――。そんな声も上がっている。大黒柱の嵐が無期限活動休止に入ったジャニーズ事務所は、嵐につぐ次世代の国民的グループを輩出できるか業界内外から注視されている。

 ポスト嵐と目されるのが、2018年デビューのKing&Princeと、昨年デビューのSixTONES、Snow Manの3組。さらに関西ジャニーズJr.の7人組「なにわ男子」もCDデビュー前ながら人気で、3組につづくとみられているようだが、男性も含めた国民的な幅広い支持を得られるかというと、やはり疑問符がつく。やっぱり嵐しかいないと、ジャニーズがこの先も5人を引っ張り出す可能性があるというのだ。

 ジャニーズ取材が長いベテラン記者は言う。

「SMAPの後には嵐ありでしたけど、嵐の後に嵐なし、というのが現状でしょうね。ジャニーズは嵐のファンクラブを継続させています。つまり年会費4000円プラス更新手数料140円を今後も取り続けていくわけですから、そうそう長く、活動なしというわけにもいかない。3年間の充電期間中に二宮に続いてメンバーが結婚するかも知れませんけど、それでも再結成でまた盛り上げ、さらに前人未踏の30周年コンサートへとつなぐ。さらに桜井翔が出馬して政治家になってと、今後10年先まで見据えたプランが見え隠れしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る