SALLiA
著者のコラム一覧
SALLiA歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合 ランキング3位 を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

チケット即完売 激アツのスポーツ漫画「ハイキュー!!」の魅力

公開日: 更新日:

 筆者はバレーボール経験者だが、「ハイキュー!!」に触れている時は、必ずリアルなバレーボールの試合を見ているような錯覚に陥る。手に汗を握りながら見たり、画面の前で本気の応援をしてしまったり。それは少しでも描写に違和感があったらできないことだ。

 対戦相手として個性豊かなチームや選手が登場し、それぞれが努力し、伸ばした武器でしのぎを削る展開になるのだが、勝敗が必ず決まってしまうことの残酷さ、ひとつのボールをみんなで繋ぐ絆、満身創痍になりながら貪欲にチームで勝とうとする姿など、毎話どうしても涙が止まらない。

■負けて、失敗するからこそ強くなる

 バレーボール作品としての面白さを落とし込んでいるところはもちろん、やはりキャラクターがなんと言っても魅力的だ。作中に登場する誰もがハンデを強みにし、弱点を乗り越えることで強みに変えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  9. 9

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る