二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジャニー喜多川氏は“日比谷”をブロードウェーにしたかった

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(10)

 ジャニー喜多川メリー喜多川に対するメディアの印象は極端に違う。

「僕は黒子」と表舞台に出ることの少なかったジャニー氏は「仕事一筋、寡黙な人」という印象を持っていたが、「普段は冗舌な人」という話を周辺からよく聞いていた。

 音楽家の故・服部克久氏も「邦楽・洋楽を問わず音楽の話になると止まらない。知識もあるから話も面白いし、なにより発想も豊か」と語っていた。

 メディアの前では見せない素顔も、やがて見せるきっかけになったのが2011年、コンサートのプロデュース回数が10年までの10年間で8419回のギネスに認定されたことがきっかけだった。

 振り返ればジャニー氏の動きは記録を意識するかのようだった。自身がプロデュースしていた「滝沢(秀明)演舞城」の舞台広告に“演出・ジャニー喜多川”と大きく書くようになっていた。疑問を演劇関係者に聞くとこんな答えが返ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

もっと見る