二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジャニー喜多川氏は“日比谷”をブロードウェーにしたかった

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(10)

 ジャニー喜多川メリー喜多川に対するメディアの印象は極端に違う。

「僕は黒子」と表舞台に出ることの少なかったジャニー氏は「仕事一筋、寡黙な人」という印象を持っていたが、「普段は冗舌な人」という話を周辺からよく聞いていた。

 音楽家の故・服部克久氏も「邦楽・洋楽を問わず音楽の話になると止まらない。知識もあるから話も面白いし、なにより発想も豊か」と語っていた。

 メディアの前では見せない素顔も、やがて見せるきっかけになったのが2011年、コンサートのプロデュース回数が10年までの10年間で8419回のギネスに認定されたことがきっかけだった。

 振り返ればジャニー氏の動きは記録を意識するかのようだった。自身がプロデュースしていた「滝沢(秀明)演舞城」の舞台広告に“演出・ジャニー喜多川”と大きく書くようになっていた。疑問を演劇関係者に聞くとこんな答えが返ってきた。

「もともとアメリカのショービジネスに感化された人。ジャニーズを立ち上げて成功したことで、国内だけでなく自分の名前を世界に発信したい欲が出始めたのだと思う。そのなかにギネス記録の意識はあったと思う。ギネスに載れば世界中に名前が知れ渡る」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

  2. 2
    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

  3. 3
    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

  1. 6
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  2. 7
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  5. 10
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに