二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

「いかに拡散を抑えるか」それがメリー氏が講じた醜聞対策

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(9)

 一昨年夏、公正取引委員会がジャニーズ事務所に対し、「元SMAPの3人(草彅剛稲垣吾郎香取慎吾)の地上波出演を妨げるような働きかけがあった」として独占禁止法違反につながる恐れがあると注意した。ジャニーズ側は「テレビ局に圧力をかけた事実はない」。テレビ局側も「圧力はなかった」と共に否定していた。

「今さら圧力をかけなくともテレビ局は暗黙のうちにジャニーズの顔色をうかがい、忖度している」という声も少なくない。これこそ副社長時代のメリー喜多川氏が長年にわたり構築してきたメディア対策の集大成である。

 アイドルファンは常に新陳代謝を続ける。多くの女性が一時的にジャニーズファンになる。特に中高時代に夢中になることから、「私は光GENJIのファンだった」と聞けば、大半は50代前後と現在の年齢がわかるほどだ。時代ごとにファンを取材してきたが、彼女たちの大半はアイドルと「疑似恋愛」をしながら応援を続けている。ジャニーズJr時代から応援するファンには「私が応援していた子が売れた」と育てた喜びを楽しむタイプもいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る