不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所はデビュー予備軍として、東西合わせ約200人いる「ジャニーズJr.」への年齢制限を満22歳とすると発表。波紋が広がっている。Jr.は故ジャニー喜多川前社長が発案し、滝沢秀明副社長(38)が統括してきたが、高齢化にくわえて未成年との飲酒に淫行疑惑、さらに違法賭博に強盗事件と、昨年も不祥事が相次いだこともあり、「アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返る」と説明している。ジャニーズ取材の長いベテラン担当記者はこう言う。

「結果的にタレントとして芽が出なくても、たとえばマネジャーとか振付師であるとか、何かで食べていけるポジションを見つけようとしてきたのがジャニーズです。それでも、どうにもならない者もいて、面倒見切れないというのが実際のところでしょうし、年齢で上限をつくるというのはデビューを目指すJr.にしても有意義だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る