吉永小百合がワールドキャンサーデーで医療従事者にエール

公開日: 更新日:

 18時――。舞台の上の吉永小百合(75)の背後のスクリーンが青と緑の光で埋まった。北はさっぽろテレビ塔、南は博多ポートタワーまで全国16カ所のタワーがライトアップされた。

 毎年2月4日はワールドキャンサーデー。イベント「LIGHT UP THE WORLD」点灯式は、がんに関する意識を高め、行動を起こしてもらう目的で国際対がん連合(UICC)が世界で実施、国内はUICC日本委員会が主催している。

 5月公開の映画「いのちの停車場」のテーマは終末期医療。主演する吉永は医師役。演じてみて「さまざまな患者さんに向き合う大変さを知りました」と患者や医療従事者を気遣った。

 1月に直腸がん手術を公表した闘病中の音楽家の坂本龍一(69)も収録映像を寄せ、「子どもでがんを抱えている人もいる。認知が広がることが大切」と気丈な姿を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る