上白石萌音は大化けして欲しい!NHKの“陽キャ”推しに不安

公開日: 更新日:

 昨年、最もブレークした女優、上白石萌音(23)。「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)以来、1年ぶりの連ドラの主演作となった「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(同)も好調で、初回から3週連続で視聴率2桁をキープしている。前作同様、萌音の役柄はいわゆる“普通の女の子”。ひたむきでけなげな女の子が、仕事と恋に翻弄されながらも成長していく姿を演じている。

「前作とあまりに役柄が似通っていて当初は視聴者離れも危惧されましたが、同じような設定でも萌音が演じると飽きさせません。その存在感は唯一無二。デビュー当初こそ、『義母と娘のブルース』で人気に火がついた妹の上白石萌歌(20)に先を越された感はありましたが、今では完全に逆転。萌音は16年に女性主人公の声優を担当したアニメ映画『君の名は。』で、その才能を早くから認知されていたのに、広瀬すず(22)や杉咲花(23)、永野芽郁(21)といった同世代の女優に比べて見た目の印象が地味な分、少し出遅れただけだと思います」(芸能ライター・弘世一紀氏)

NHKのモーレツな“萌音推し”

 民放に出遅れたNHKの今年の“萌音推し”は露骨だ。14日に放送開始となるNHK大河ドラマ「青天を衝け」では第13代将軍・徳川家定の正室・篤君(天璋院篤姫)を演じ、21年度後期の朝の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」では、3人いるヒロインのひとりを演じることが決まっている。今年のNHKは萌音一色となるが、大河と朝ドラに立て続けに出演することに、「体力は大丈夫か?」と心配する報道も出始めている。さらに、こんな懸念も浮上している。

「萌音さんは朝ドラでは、あんこ好きな心優しい素直な女の子が戦争の激動の中で成長する役を演じます。大河の篤君も、純粋な心を持つ幕末の激動期を生きた女性ですから、これまでの延長線上にあるキャラクターと言えるでしょう。萌音さんの演技力があれば、それぞれの女性を全く違う形で演じられるとは思いますが、設定の似た女性ばかりを演じていると、イメージが固まってしまう恐れがあります。若手女優にとってあまりいいことではありません」(民放ドラマ制作スタッフ)

 妹の萌歌は天真爛漫な役もあれば、心を病んで自死してしまう女子高生、オリンピック選手を演じるための肉体改造を行ったりと、ドラマに出演するたびに新しい一面をのぞかせてきた。

「萌音と比較されることの多い杉咲花は、さまざまなキャラを演じて確実に演技の幅を広げています。今の萌音を見ていると、若い頃の石原さとみ(34)や、今もキャラ変に苦労している新垣結衣(32)に似たものを感じさせます。先細っていかないためにも朝ドラが終わったら、期間を置いて、映画などで気性の激しい女性や、悪女、セクシーな役柄など、これまでと全く違うキャラに挑戦すると“脱皮”を図れるかもしれません」(弘世一紀氏)

 悪女を演じて大化けした上白石萌音も見てみたい。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る