• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

業界にもサユリスト多数 吉永小百合めぐる世代間ギャップ

 吉永小百合(72)の映画出演120本目となる「北の桜守」(滝田洋二郎監督)がこのほど封切られ、東京・丸の内TOEIでの初日舞台挨拶に登壇した。

 スポーツ各紙によると、吉永は3カ月の作品キャンペーンで全国約1万キロを飛び回り、インフルエンザにかかりながらも、約400媒体の取材に応じたという。

 1945年のソ連侵攻で住んでいた樺太を追われてしまう家族の苦難の実話をもとにした物語。吉永は風化させてはいけない事実として、東日本大震災を重ねて「今なお苦しんでいる方もたくさんいらっしゃる。そんな中、このような作品をつくって、ご挨拶をさせていただけること、心から感謝しています」と被災者を気遣ったそうだ。観客の反応は上々で、「東映は興収20億円を見込める」(映画関係者)と鼻息が荒いという。

 若手俳優から信奉されている女優魂、水泳で鍛えているという変わらぬ若々しさ、反戦、反核、護憲を訴える姿など、吉永を取り上げる新聞やTVの切り口はおおむね一緒。常にその素晴らしさを称える言葉が先行する。だが、これがネット評となるとかなり評価が異なる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る