松本人志がTV局の忖度に苦言 元カノに触れぬことをチクッ

公開日: 更新日:

「常盤さんを入れない忖度が僕はちょっと気持ち悪いんですけどね」――。

 2月28日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演した「ダウンタウン」の松本人志(57)が、東京五輪の聖火ランナーを芸能人が次々と辞退しているというニュースを番組が取り上げた際、ボソッと冒頭のようにコメントした。

「番組では聖火リレーを辞退した芸能人として、五木ひろしさんや斎藤工さんらの名前が挙げられていました。ですが、すでに辞退の報道がされていた常盤貴子さんの名前が、番組では出なかったんです。彼女と松本さんといえば、1995年に熱愛が報じられた仲。そんなこともあり、番組サイドが“忖度”して、あえて名前を出さなかったのかもしれませんね」(テレビ局関係者)

 そのことを自分から「気持ち悪い」と、独特の表現で指摘した松本。四半世紀ほど前の話であり、スルーしたとしても、常盤との“過去の関係”に気付く人は少なかったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る