小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

公開日: 更新日:

 秋篠宮家の長女眞子さま(29)と婚約内定中の小室圭さん(29)=米国留学中=が8日、小室さんの母親と元婚約者との金銭問題について改めて説明する文書を、代理人弁護士を通じて公表した。

「私と眞子さまの気持ち、結婚に対する思いに変わりはありません」

 概要4ページ、本文24ページ(全28ページ)に及ぶ文書の冒頭、こう切り出し、過去に週刊誌などで報じられた母親の金銭問題に触れつつ、「誤った情報をできる範囲で訂正するのが目的」などとつづった小室さん。米国で本格的に法律を学び、将来は弁護士を目指しているというだけあって、公表された文書は所々に「注釈」が記され、まるで「起訴状」か「反論書」のような体裁だった。

 おそらく「訂正したいこと」について丁寧に説明したかったのだろう。「何ら違法行為はない」と強調したいという気持ちが強く伝わってきたのだが、国民が小室さんの姿勢について不信に感じているのは、これまで週刊誌などに取り沙汰された数々の醜聞が果たして法律違反に当たるのか、そうではないのか――ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る