國村隼は幅広い役で引っ張りダコも…柔軟に対応できるワケ

公開日: 更新日:

〈期待してなかったけど、見たらすごくよかった〉〈今期の大穴かも〉――ネット上の評判は上々だ。吉田羊(年齢非公表)と國村隼(65)W主演の連ドラ「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレビ東京系、金曜深夜0時12分)の話だ。

 愛嬌はあるが自由奔放な父親と、それに振り回される中年の娘の日常を描いた物語。派手な展開はないが、母を亡くして2人っきりとなった父娘の心の機微を丁寧に描いている。

「吉田さんと國村さん、ドラマの中の2人はあまりに自然な“普通の親子”で、まるで本当の父と娘の日常会話を盗み見しているような気分になるほどです」と、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏がこう続ける。

「温かな何かに包まれたような気持ちになるドラマで、視聴中に何度か“キュン”としました。それは恋愛のキュンではなく、自分の幼い頃や古き良き昭和の暮らしや、過去の体験談を思い出したりという、ノスタルジー的な意味合いのキュンです。若い世代には退屈な面もあるかもしれないですけど、アラフォーから上の世代には心に染みるものがある。特に國村さんの演技が素晴らしくて、毎回見入ってしまいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る