近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

公開日: 更新日:

(文=水野詩子/ライター・コラムニスト)

 4月30日、近藤真彦(56)が同日限りでジャニーズ事務所を退所すると文書で発表し、その際のコメントに対する批判が今も止まらない。

 今回の退所は、昨年11月に「週刊文春」に25歳年下の女性との5年に及ぶ不倫が報じられ、無期限の芸能活動自粛中の出来事だ。〈これからの人生、自分の責任において芸能とレースの道を歩んでいきたい〉という近藤のコメントは、"自分のことしか考えていない"彼の今までの生き方を顕著に表しているように感じた。

 事務所の後輩であった少年隊東山紀之(54)は、自らがMCを務める情報番組『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)で「退所の仕方に大きな疑問が残っている」「退所のコメントも、すごく薄っぺらく感じる」などと異例ともいえる苦言を呈した。そして同時に、先輩である近藤への不信感とジャニーズ事務所への愛情を感じさせるものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る