「ドラゴン桜2」ヤンキー“西西コンビ”が東大専科より人気

公開日: 更新日:

 ドラマや映画では、時にメインキャスト以外から、視聴者に熱い支持を受ける“愛されキャラ”が現れることがある。どうやら現在放送中のTBS日曜劇場「ドラゴン桜」第2シーズンでも、その現象が起きているようだ。意外な愛されキャラとは、初回で阿部寛(56)演じる主人公・桜木健二とやり合ったヤンキー2人組、小橋(西山潤=22)と岩井(西垣匠=21)である。

 登場してすぐは長めで派手な髪色の2人だったが、数分後には丸刈り姿に。丸刈りとほぼ眉なしのせいか、チャラ男風から一転、いきなり極悪顔へと変身して視聴者の目をさらった。

「髪と眉で人相ってこんなにも変わるもんなんだと、驚きましたよね。ドラマ内で丸刈りにしたり、これでもかと桜木をバカにし、陥れようとしたりとインパクトあるシーンの連続で、ヒール役をひるまず堂々と演じたのはあっぱれでした。と思えば、第2話では桜木のために影で動く子分のような存在に大変身。表情にも愛嬌が加わり、目が離せないコンビとなりました」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る