川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

公開日: 更新日:

 阿部寛(56)主演の「ドラゴン桜」第2弾(TBS系、日曜夜9時)が、4月期の連ドラでトップとなる初回視聴率14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という貫禄の好発進を遂げた一方で、大コケが心配されるドラマもいくつか出てきている。

「『ドラゴン桜』は第2弾が待望されていた上、初回では2005年放送の第1弾で生徒役だった紗栄子がサプライズ出演するなどSNS上でも話題になり、上々の滑り出しです。日曜劇場の前作である綾瀬はるか主演『天国と地獄〜サイコな2人〜』が期間平均視聴率15.3%なので今後、上昇曲線を描き、それを上回れるか、逆に下降線をたどるのかが注目ですね」(スポーツ紙芸能担当デスク)

 4月期では、竹野内豊(50)主演の月9作品「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜夜9時)と、玉木宏(41)主演の「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜夜9時)が今のところ平均2ケタをキープしているが、暗雲に覆われている作品もある。  

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

もっと見る