山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

公開日: 更新日:

「ドラゴン桜」(TBS系)が16年ぶりにテレビに帰ってきた。初回視聴率は15%台を切り、前回に比べて3ポイント程数字を落としたが、16年の歳月が経過したのに根強い人気があることを証明した。

 今回の「ドラゴン桜」は前作の登場人物の15年後を描く設定となっている。前作に続いてレギュラー出演するのは主演で弁護士・桜木建二役の阿部寛(56)と、その教え子役の長澤まさみ(33)の二人。

 長澤が演じる水野直美は母親の看病が原因で一浪した後に東大に合格し、弁護士になり阿部の事務所のスタッフになった。ドラマのファンが密かに期待するのは、前作でレギュラー出演したメンバーたちの“その後”だ。初回は前シリーズでルーズソックスを履いたコギャル女子高生を軽妙に演じた紗栄子(34)が、東大卒のブランドを売りにした現役バリバリの人気タレントを演じてみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る