児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

韓国ドラマに完敗…日本通でも「倍返しだ!」を知らない

公開日: 更新日:

 韓国ドラマ「愛の不時着」「梨泰院クラス」が日本を席巻してから1年以上が過ぎた。「愛の不時着」は今もネットフリックスの日本での視聴ランキングで総合トップ10にランクインしており、人気の根強さがうかがえる。

 現在は、2月から韓国で放送スタートしたドラマ「ヴィンチェンツォ」(全20話)が、500万人を超える有料会員がいる日本のネトフリ視聴ランキングで総合1位が続いている。世界ランキングでも6位を記録し、内訳を見ると日本や韓国以上に香港、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムでの人気が高い。親日といわれている台湾でさえもランキングのトップ10のうち5本は韓国ドラマで、日本の作品は1本もない(いずれも5月11日現在)。

 韓国ノワール風の「ヴィンチェンツォ」は制作費が日本円で20億円というアクション大作ドラマだ。「愛の不時着」のようなラブストーリーではないが、「ゴッドファーザー」をはじめ、さまざまな作品のパロディーがちりばめられ、コメディー要素も楽しめる。しかも序盤からいちいちスケールが大きく、もはやドラマとは思えないクオリティーで視聴者を圧倒しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る