児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

韓国ドラマに完敗…日本通でも「倍返しだ!」を知らない

公開日: 更新日:

 韓国ドラマ「愛の不時着」「梨泰院クラス」が日本を席巻してから1年以上が過ぎた。「愛の不時着」は今もネットフリックスの日本での視聴ランキングで総合トップ10にランクインしており、人気の根強さがうかがえる。

 現在は、2月から韓国で放送スタートしたドラマ「ヴィンチェンツォ」(全20話)が、500万人を超える有料会員がいる日本のネトフリ視聴ランキングで総合1位が続いている。世界ランキングでも6位を記録し、内訳を見ると日本や韓国以上に香港、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムでの人気が高い。親日といわれている台湾でさえもランキングのトップ10のうち5本は韓国ドラマで、日本の作品は1本もない(いずれも5月11日現在)。

 韓国ノワール風の「ヴィンチェンツォ」は制作費が日本円で20億円というアクション大作ドラマだ。「愛の不時着」のようなラブストーリーではないが、「ゴッドファーザー」をはじめ、さまざまな作品のパロディーがちりばめられ、コメディー要素も楽しめる。しかも序盤からいちいちスケールが大きく、もはやドラマとは思えないクオリティーで視聴者を圧倒しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?