碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

朝ドラ「おかえりモネ」爽やかさの源泉は清原果耶にあり!

公開日: 更新日:

 新しい朝ドラ「おかえりモネ」が始まった。第1週を見て浮かんだ言葉は、「爽やか」である。

 思えば直近の「おちょやん」を含め、最近は爽やかな気分で見られる朝ドラが少なかった。主人公が抱えた事情や時代の運命によって、見る側も気が重くなるような作品が続いていたのだ。

 爽やかさの源泉は、モネこと永浦百音を演じる清原果耶にある。若手女優にありがちな、「私が!」という押しの強さや、「キレイでしょ!」という自意識過剰とは無縁。谷川の清流のようなナチュラル感が実にいい。

 物語の時間は2014年。モネは宮城県気仙沼の亀島出身だが、現在は山間部の登米に暮らす。森林組合に勤め始めたばかりの新人さんだ。

 そんなモネに影響を与える人たちがいる。山と海のつながりを教えてくれた、カキを養殖する祖父の龍己(藤竜也)。樹齢300年のヒバの木を通して、ゆっくり成長することの大切さを伝えてくれた、山主の新田サヤカ(夏木マリ)。そして、気象予報は未来予測だと気づかせてくれた、気象キャスターの朝岡覚(西島秀俊)だ。

 いずれも魅力的な人物で、このドラマが温かみと厚みを持つ物語であることを予感させる。また、モネが彼らの話を聞く時の真剣な表情や目の輝きは、彼女の人となりをよく表している。安達奈緒子の脚本が冴えており、いいスタートを切った。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  2. 2
    江口のりこ節NHK「あさイチ」でも炸裂 あまりのマイペースに華丸・大吉も恐縮しきり

    江口のりこ節NHK「あさイチ」でも炸裂 あまりのマイペースに華丸・大吉も恐縮しきり

  3. 3
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  4. 4
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  5. 5
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  1. 6
    新規感染も死者も世界最悪…コロナ第7波「8月上旬ピークアウト」を信じていいのか

    新規感染も死者も世界最悪…コロナ第7波「8月上旬ピークアウト」を信じていいのか

  2. 7
    旧統一教会の名称変更は“総理のご意向”か…認証前後「安倍首相×下村文科相」面会8回も

    旧統一教会の名称変更は“総理のご意向”か…認証前後「安倍首相×下村文科相」面会8回も

  3. 8
    NHK時代劇は健闘も…“7万人を斬った”大御所・高橋英樹が憂う若手俳優のヒーロー志向

    NHK時代劇は健闘も…“7万人を斬った”大御所・高橋英樹が憂う若手俳優のヒーロー志向

  4. 9
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  5. 10
    下村博文氏「安倍派後継争い」完全脱落 旧統一教会問題で求心力失い、大ボス森喜朗氏も激怒!

    下村博文氏「安倍派後継争い」完全脱落 旧統一教会問題で求心力失い、大ボス森喜朗氏も激怒!