碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

朝ドラ「おかえりモネ」爽やかさの源泉は清原果耶にあり!

公開日: 更新日:

 新しい朝ドラ「おかえりモネ」が始まった。第1週を見て浮かんだ言葉は、「爽やか」である。

 思えば直近の「おちょやん」を含め、最近は爽やかな気分で見られる朝ドラが少なかった。主人公が抱えた事情や時代の運命によって、見る側も気が重くなるような作品が続いていたのだ。

 爽やかさの源泉は、モネこと永浦百音を演じる清原果耶にある。若手女優にありがちな、「私が!」という押しの強さや、「キレイでしょ!」という自意識過剰とは無縁。谷川の清流のようなナチュラル感が実にいい。

 物語の時間は2014年。モネは宮城県気仙沼の亀島出身だが、現在は山間部の登米に暮らす。森林組合に勤め始めたばかりの新人さんだ。

 そんなモネに影響を与える人たちがいる。山と海のつながりを教えてくれた、カキを養殖する祖父の龍己(藤竜也)。樹齢300年のヒバの木を通して、ゆっくり成長することの大切さを伝えてくれた、山主の新田サヤカ(夏木マリ)。そして、気象予報は未来予測だと気づかせてくれた、気象キャスターの朝岡覚(西島秀俊)だ。

 いずれも魅力的な人物で、このドラマが温かみと厚みを持つ物語であることを予感させる。また、モネが彼らの話を聞く時の真剣な表情や目の輝きは、彼女の人となりをよく表している。安達奈緒子の脚本が冴えており、いいスタートを切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  5. 5

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  6. 6

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  7. 7

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  8. 8

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  9. 9

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

  10. 10

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

もっと見る