ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

さあ、サイレント金メダルに輝く実況アナは誰だ!

公開日: 更新日:

「さあ、競泳200メートル個人メドレー決勝、今スタートしました。萩野公介選手は第2コースです……泳いでいます……水をかきました……ターンをしましたね………残りわずかです……萩野選手今先頭で入りました……以上東京オリンピック競泳200メートル個人メドレー決勝でした」

 いよいよ東京2020オリ・パラがコロナの影響で1年遅れでやってきたー!! 出場するアスリートには何一つ罪はないのだから悔いのないような人生最高のパフォーマンスを見せて欲しいと心より思う!!

 その一方で、政府的、国民的、マスメディア的には冒頭のアナウンサーの実況が大会中続くはずである……。

 無観客の決定、パブリックビューも中止、オリ・パラは静かに応援して下さい!! と至るところでくぎを刺しているのだから、実況アナウンサーがお茶の間の興奮を誘って飛沫をまき散らすようなこと許さないでしょう!! とにかく視聴者のテンションを上げないように、例えば「金メダル」「勝利」「がんばれ!!」なんて言葉は一切ダメ! ましてや「感動したァ! バンザイ日本!!」なんてのはもってのほかで、そんなことを口走ろうものなら市中ひき回しの揚げ句、島流しで二度と日本に戻れないことになりかねないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった