ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

ぶっちゃあさんは豚足と間違えて自分の手をかじった

公開日: 更新日:

サンミュージックの秘話 #5

 40年以上ものお笑い仲間のブッチャーブラザーズのリッキー(岡博之)が大手芸能プロダクション、サンミュージックの副社長に就任したお祝いとして(?)彼のチン〇がすごいことを前回紹介したが、今回はその相方であるぶっちゃあさんをもう少し詳しく紹介しておきたいと思うのだ。

 前回、ダンディ坂野くんやカンニング竹山くんらの背中を押した名伯楽とぶっちゃあさんに触れたが……確かに人間的にはこれ以上に素晴らしい人間はいないのだ!! なにしろぶっちゃあさんには「私利私欲」が完璧にないのだ!! とにかく他人にシアワセを与えたい(それが多くの場合、空回りするから厄介この上ないのだけれど……)精神の塊の人なのです!!

 だから、人と話す時は必死に「ロケット燃料でも注入してるんじゃねーか、この人!?」と思わせるくらいに熱~く、しかも人の5倍大きな声でしゃべる!しゃべる! しゃべる! しゃべる! 話す! 話す! 話す! 話す! 語る! 語る! 語る! 語る! 語る! ある時などは今は残念ながらなくなってしまったが、中野坂上の宝仙寺の近くにあった芸人の酔い所の聖地「加賀屋」(浅草キッドの玉袋筋太郎もホームグラウンドにしてたなあ)で飲んでいる時……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る