芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

江口洋介&森高千里の“夫婦危機”再燃…篠原涼子の離婚が飛び火、蒸し返された5年前の“焼き肉デート”

公開日: 更新日:

 東京五輪開催期間中、ひっそりと離婚を発表した市村正親(72)と篠原涼子(48)。五輪開催の喧騒にかき消されるかと思ったら、「週刊文春」(8月12・19日号)が間髪入れずに篠原の年下新恋人の存在を報じたものだから、にわかにその雲行きが怪しくなってきた。人気俳優同士の離婚で、女性の方……篠原の奔放さだけに目が向けられるのも非常に珍しい。

 そして、市村と篠原の間に亀裂を生んだ“元凶”であるかのように今回の離婚報道とセットで報じられているのが江口洋介(53)だ。2016年4月、「女性セブン」が江口と篠原の“深夜の焼き肉屋個室デート”を報じた。同誌によると、2人が個室内で同じソファに並んで座り、身を寄せ合いながら食事を楽しんでいたという。

 江口の妻である森高千里(52)にしたら、過去のいまいましい出来事が「これでもか!」と蒸し返されているのだから、たまったものではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

  2. 2
    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

  3. 3
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  4. 4
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  5. 5
    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

もっと見る

  1. 6
    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

  2. 7
    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

  3. 8
    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

  4. 9
    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

  5. 10
    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち

    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち