福原愛が堂々の五輪解説で不倫スキャンダル&離婚から大復活! タレント転身でも前途洋々

公開日: 更新日:

 今回の東京五輪で注目された解説者のひとりが元五輪メダリストの福原愛(32)だった。福原は「卓球 混合ダブルス決勝」(7月26日OA=フジテレビ系)の解説者としてスタジオから生出演。晴れやかな表情で存在感抜群だった。

「往年の“愛ちゃんスマイル”でスタジオに花が咲いた感じだった。解説は的確で冷静、かつ堂々としており、MCの関ジャニ∞村上信五がかすんでしまうほど」(スポーツ紙記者)

 福原といえば、7月8日に元台湾代表卓球選手・江宏傑(32)とすったもんだの末、離婚を発表したばかり。突如、画面に登場した福原に芸能マスコミは沸き立ったが、その後も福原は息つく暇もなく、「女子シングルス準決勝 男子シングルス準決勝」(7月29日OA=テレビ東京系)、「男子団体」(8月2日OA=フジテレビ系)に立て続けに出演した。

「7月29日に発売された雑誌『Number』ではインタビューに登場し、団体女子の決勝戦に対し独自の意見を披露していた。とにかく不倫や離婚などのドタバタをおくびにも感じさせない強心臓は注目に値します」(前出の記者)

フジテレビが全面バックアップ

 結果的に団体女子は中国に敗れ、銀メダルに終わったが「福原の未来は前途洋々ですよ」と話すのはスポーツマネジメント会社関係者だ。福原はフジテレビの全面バックアップを受け、タレントとして復活すべく準備を進めているというのである。

「『めざましテレビ』『めざまし8』『バイキングMORE』『ワイドナショー』などでインタビュー出演してもらうことを調整中だそうです。さらに老若男女から知名度と好感度の高い福原が数字を持っていることは確実なので、浜田雅功がMCの『ジャンクSPORTS』や年末年始特番にも起用したい考えのようです」(前出の関係者)

「女性自身」では、オリンピックの解説者のギャラは五輪出場経験者でも通常10万~15万円だが、フジの福原は拘束時間が長かったこともあって、1日100万円だったと報じて話題になったが、フジがここまで福原を推す理由は意外にも単純なものだった。

「福原は幼少時代からフジの取材を受けていて、スポーツ局のスタッフとは顔なじみなんですよ。バラエティーにも何度も出演していて、他局とは信頼度が違います。あと、大手広告代理店がバックについていてそのままスポンサーを持ってこられる。フジにとっては、まさに一石三鳥というべき状態なんです。今後もフジは卓球教室のPRなど全面協力を惜しまないそうです」(前出の関係者)

 日本中が子供の頃から知っている卓球愛ちゃん。不倫スキャンダル発覚からの離婚劇をまるで親戚のような気持ちで同情的に見ていた人は多かっただけに、五輪での卓球日本の快挙とともに愛ちゃんスマイル復活も喜ばしい。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”