桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

コロナ第6波でテレビ界はテンヤワンヤ…代役起用で“1億総審査員”状態に

公開日: 更新日:

 コロナに感染し、1月26日から休んでいたTBS宇賀神メグが7日「THE TIME,」(TBS系)に帰ってきた。

「今日、露骨に機嫌がいい男性スタッフが何人かいます。なぜでしょうか? 宇賀神メグアナが戻ってきたからです。『THE TIME,』スタートです」と総合司会の安住紳一郎。その言葉に「ご心配をおかけしました。このように体調回復しまして、また今週からどうぞよろしくお願いいたします」と宇賀神。

「スタッフのみなさんは毎日優しいので、今日だけ優しいっていうことはないと思うのですけど……」とにこやかに答えたが、スタッフよりも当の安住が一番ご機嫌だったりして……。

 宇賀神はコロナ関連で自宅療養中に必要なものを聞かれ「私の場合、感染してしまうかもと思っていたので、事前に飲み物を多めに用意していました。650ミリリットルのペットボトルの麦茶20本と清涼飲料水2本」と答え、「ただ、自治体から食べ物飲み物が届いたのが療養5日目だったので、それでもちょっと足りなかったかな」。

 さらに「運動不足になるので、ゲームで運動するものをやっていた」とも。

 運動ができるということは症状も軽かったのだろう。私たちが知りたいのはこういう具体的な話。自治体はあてにできないこともわかった。

 連日有名人のコロナ感染が伝えられ、彼らがSNSで症状を発信しているのも興味深いが、ここでは割愛。

SNSでは「ラヴィット!」代役起用の評価で盛り上がり

 そんな中、転んでもタダでは起きないのがTBS系「ラヴィット!」。曜日レギュラーが次々と感染し、代役を入れ、芸人にチャンスを与えた。

 さらに、司会の麒麟川島&田村真子がコロナに感染し、自宅療養になると今度は日替わりMCを登場させ、さらに「初登場ウイーク」と題してスタジオ初登場のゲストを毎回招いて話題を呼んだ。

 そんな代役起用に視聴者が反応。SNSでは良し悪しなど評価で盛り上がり、1億総審査員のような状況に……。

 視聴率も川島が休んだ2月1日は3.4%、2日は3.5%と平均視聴率3%台と勢いがついてきた。

復帰した人の声を聞きたい

 ちなみに、1日の代役はアインシュタインの河井ゆずる、2日はアンタッチャブル柴田。河井のMC力の評価が高かったので、そのうちアインシュタインのMC番組ができるかも。

 ワイドショーはいまだに病床使用率がどうのこうの、パンク寸前PCR検査、救急医療逼迫などとあおり、視聴者を脅かしている。

 それよりこうしてコロナにかかった芸人やアナウンサーが現場に戻って実態を伝えることの方が必要だし、実際を知りたい!

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?