宮脇咲良の移籍で浮き彫りになった「世界を目指すなら日本より韓国」の新常識

公開日: 更新日:

 元IZ*ONE(アイズワン)の宮脇咲良(23)が14日、BTSが所属するHYBE傘下のソース・ミュージックに所属することが明らかになった。同じくIZ*ONEのメンバーだったキム・チェウォン(21)や他の新人とともに、5月に再デビューする見込みと報じられている。

 宮脇といえばもともとはHKT48メンバーで、2018年に日韓合同アイドルグループオーディション「PRODUCE48」でIZ*ONEとしてデビュー。IZ*ONEは昨年4月に活動終了し、翌月には、矢吹奈子とともにHKT48に復帰、6月にグループを卒業。注目は移籍先で、K-POP界で今一番の有名どころで“BTSの妹分”という位置づけに日本の芸能界のみならずネットもザワついたのである。

 K-POPアイドルへの評価と関心の高さが分かるが、同志社女子大学教授(メディア論)の影山貴彦氏はこう言う。

「宮脇さんが世界基準のアイドルへの道を歩んでいると認知された結果でしょう。裏を返せば、日本のエンタメ界の価値が落ちてきた表れとも言えます。メディア論の授業で『韓国エンタメ実習』という韓国での実習プログラムがあるのですが、コロナ以前、倍率は3倍で非常に人気でした。その実習で現地に行った際、日本からK-POPアイドルを目指して留学しているアイドル研究生がたくさんいて、彼らは『世界を目指すには日本じゃ無理だから』と言っていました。彼らにとって、韓国のほうが道のりがクリアで、目標値が見えやすい。しかも若者はSNSで世界を知り、情報収集しているので“日本限定”という枠がない。そういう中で、日本市場だけに目を向け、やみくもに走ったら何か生まれるかも、という旧態依然としたやり方では韓国のロジカルでグローバルなビジネスモデルに歯が立たない。これはエンタメだけでなく日本経済全体が抱える問題かもしれません」

 変わらないし変われない、ガラパゴス化した日本に見切りをつけた若者はすでに大勢いるようだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に