三谷幸喜流「鎌倉殿の13人」“女の三つ巴バトル”の熾烈 時代劇評論家ペリー荻野氏も唸った

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の源頼朝(大泉洋)を巡る“女の戦い”が話題となっている。頼朝の妻・北条政子(小池栄子)vs前妻・八重(新垣結衣)vs愛妾・亀(江口のりこ)の三つ巴のバトルだ。

 北条政子は、都育ちの頼朝に一目惚れし、頼朝を支えながら、後に鎌倉幕府で実権を握る“尼将軍”。八重は、平清盛に都から追放された頼朝が身を寄せていた伊東祐親の娘で、頼朝憎しの祐親によって、頼朝との間の子である幼い千鶴丸を暗殺されてしまった悲劇の女性。亀は、ひょんなことから頼朝に見初められ妾となり、御所でのし上がろうと画策する庶民の出身。

 13日放送の第10話では、頼朝のことが忘れられずに侍女として御所に紛れ込んだ八重を亀が痛烈にマウントするシーンがあった。

 八重の正体を知った亀は、八重に頼朝の部屋に酒と料理を運ぶよう指示。八重が胸を躍らせて心尽くしの料理を部屋に運ぶと、部屋の中には頼朝に寄り添いほくそ笑む亀の姿が……。目を丸くして驚く頼朝。亀は「ありがとう、八重さん」と不敵に言い放つ。八重は怒りに震えて部屋を後にし、そのまま病に伏せってしまう。ちなみに北条政子は“懐の深さを見せるために”八重が御所に入ったことを黙認している。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」