“カンヌの申し子”河瀬直美監督の不徳…スタッフの顔面殴打報道、現場でパワハラ横行とも

公開日: 更新日:

 性強要告発で揺れる映画界で新たな告発が。東京五輪公式映画のメガホンを取り、25年大阪・関西万博のプロデューサーに就任している河瀬直美監督(52)についてである。97年に「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭新人監督賞、07年に「殯の森」でグランプリを受賞。スター監督として名を馳せた河瀬だが、現場では不条理なパワハラが横行していたというのだ。

■暴力的な一面

 発売中の「週刊文春」によると、15年に退職を願い出た事務所スタッフに対し、いきなり顔面を殴打、その後も彼を追い回し暴行を続けたという。河瀬監督は過去にも、演出助手が後ろから触れたことに激怒し、蹴り上げるなど暴力的な一面について報じられていた。

 芸能文化評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「“作品は監督のもの”と言われるように、監督は絶対権力者。しかしながらスタッフからの告発が相次ぐのは河瀬監督自身の映画への愛や情熱をスタッフがパワハラと受け止めたからでしょう。単なる暴力では世間一般のパワハラと同類です」

 作品性はともかく河瀬監督自身の不徳というしかない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  2. 2
    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

  3. 3
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  4. 4
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

  5. 5
    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

  1. 6
    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

  2. 7
    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

  3. 8
    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

  4. 9
    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

  5. 10
    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?

    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?