三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

名前がダービー馬っぽいのはドウデュース!

公開日: 更新日:

 今週はいよいよ日本ダービーですね。我々競馬に携わるもの(馬券でだけですが)にとって一年の締めくくりといいますか、身の引き締まる1週間を過ごしてます。私のダービーデビューはトウカイテイオーの年。まだ枠連だけの時代でトウカイテイオーが単枠指定。懐かしいですね、この言葉。

 新宿の場外馬券場でレース後に「まともで5-8狂って5-8」と2着レオダーバンから3着イイデセゾン、4着コガネパワーまでが5枠同枠で得意がってるオヤジがいたのを思い出します。翌年はスパルタ坂路調教の戸山厩舎のミホノブルボンが優勝。2着のライスシャワーを皐月賞では勝ってたのにダービーでは買わなかったら馬連が3万円弱の大万馬券! 血統を見ればリアルシャダイ産駒って長距離血統なのに気づいても後の祭り。ウイニングチケットで悲願のダービー制覇をした柴田政人の年はまだ競馬を始めたてで柴田政人に思い入れはないもののなんか感動しました。あの年はウイニングチケット、ビワハヤヒデ、ナリタタイシンの三つ巴。ビワハヤヒデ嫌いな私はちゃんと馬券をハズしました。

 そしてナリタブライアンの年の2着馬エアダブリンの頃から青葉賞勝ち馬との相性の悪さが露呈、今に至ります。フサイチコンコルド、別名和製ラムタラ。買ってませんでした。藤田伸二騎手のファンだった人間としては痛恨のミスでした。スペシャルウィークの時は人気薄の2着(14番人気)で万馬券でしたが人気薄の3着(15番人気)の馬券を持ってた私は気を失いそうなほどガッカリ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

  4. 4
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  5. 5
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  1. 6
    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

  2. 7
    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

  3. 8
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  4. 9
    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

  5. 10
    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い

    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い