佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

「寅さん一家」がまた一人お別れ…佐藤蛾次郎はアラカンを師と仰いだ

公開日: 更新日:

佐藤蛾次郎(2022年12月9日没 享年78)

「男はつらいよ」の寺男役、源公が亡くなった。佐藤でなければ出しえない味を出して、あのシリーズに欠かせない役者だった。

『朝日新聞』には珍しい下町記者、小泉信一の『おーい、寅さん』(朝日新聞出版)を開く。

 1993年12月、監督の山田洋次らが、「来年はイヌ年。源公の相手になる、いい犬がいないかな」と探していた。

 そして、ラムという白い犬が登場するのだが、小泉によれば、実は佐藤は犬が苦手だったとか。

 佐藤は『寅次郎と殿様』で共演したアラカンこと嵐寛寿郎に励まされた。それでズーッとアラカンを役者人生の道しるべとしていた。佐藤にとって鞍馬天狗のアラカンは小さいころからのあこがれの人である。

 殿様役のそのアラカンをリヤカーに乗せて、「下にー、下にー」と言いながら源公が走る場面がある。

「蛾次郎、もっと速く走れ」

 山田監督からの叱声がとび、何度もやり直しをさせられた。

 その時、アラカンが小さな声で、

「辛抱せいよ、辛抱せいよ、役者は辛抱だよ」と声をかけたという。

 その言葉をいまも大切にしていると、佐藤は小泉に語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき