狩野舞子と桐山照史の熱愛報道 《大谷翔平じゃなくてよかった》の声にかき消されるジャニオタの悲痛

公開日: 更新日:

《こんな時くらいしばらく静かにしてて欲しい。ファンの気持ちくらいわかる努力して欲しい》

《あなたにとって彼が、どうか自己肯定感を上げるためだけの存在でありませんように》

《学生時代は、スポーツばかりで今嬉しくてはしゃいでる痛いタイプじゃん》

 と、このようなファンの悲痛ともいえる批判のコメントが相次いでいるのが、4月26日にジャニーズWESTの桐山照史(33)との熱愛が報じられた元バレーボール女子日本代表・狩野舞子さん(34)のインスタのコメント欄だ。

 発売中の「女性セブン」によると、ジャニーズWESTが大会スペシャルサポーター、狩野さんがゲスト解説を務めた2019年の「ワールドカップバレーボール」(フジテレビ系)での共演が交際のきっかけとのことだが、狩野さんといえば、二刀流で活躍を続けているエンゼルスの大谷翔平選手(28)との交際説が長らく囁かれていた。両者だけでなく、狩野さんの親族を含めて誰も否定しなかったことで、交際の噂が一人歩き。プロ野球の始球式や「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)、「サンデーモーニング」(TBS系)などの出演オファーが増え、活動の幅を広げた狩野さんの“戦略家な部分”も、話題になっていた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差