ジャニーズに滝沢秀明リターンズ?東山紀之が決意表明「外部と共に刷新」の“飛び道具”

公開日: 更新日:

 東山紀之(56)が5月21日、MCを務める「サンデーLIVE‼」(テレビ朝日系)に生出演し、故・ジャニー喜多川氏の性加害問題に、ジャニーズ所属タレントとして初めて言及した。

 東山は「最年長である私が最初に口を開くべきだと思い、後輩たちには極力待ってもらいました」と明かし、「我々もどのような未来を迎えるべきなのか、現在在籍しているタレントはどうすべきなのか、告発された皆さんにどう対処するべきなのか」と、山積する問題に対処していくと表明した。

 さらに、「そもそも、ジャニーズという名前を存続させるべきなのかを含め、外部の方と共に全てを新しくし、透明性をもってこの問題に取り組んでいかなければならないと思っています」と、社名の変更も含めて同社を刷新していくとする決意を語った。

「ジャニーズ事務所」という極めて知名度の高い社名を変える可能性まで含め、問題に対処していこうとする心がけは実に殊勝なもの。とはいえ社名変更は、ともすれば看板の掛け替えに終始してしまい、問題の本質は放置されたままという状況を作り出しかねない。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路