甲本ヒロトは還暦の今も初期衝動を歌に…叫び続ける「ドブネズミ」の現在地

公開日: 更新日:

 ザ・ブルーハーツがデビューし、若者を熱狂させた1980年代後半、ボーカル甲本ヒロト(60)の当時の秘話が話題だ。弟の俳優・甲本雅裕(58)がユーチューブチャンネル「丈熱BAR」で、こう振り返った。

「当時兄貴は笹塚の潰れた工場に住んでいた。廃虚みたいな。ドブネズミみたいだったよ、本当に」

 バイト先の人の持ち物だったが、潰れて空き家になっているからと、ただで貸してもらっていたのだそうだ。そこにマーシーことギターの真島昌利らも出入りして、バンド練習もしていたという。

 87年発売のデビューシングル「リンダリンダ」はこんな歌い出しだった。

♪ドブネズミみたいに/美しくなりたい~

 それは当時の、バンドの原風景だったのかも知れない。俳優の松重豊(60)は当時、甲本が出前をしていた下北沢のラーメン店のバイト仲間。映画青年だった松重がメガホンを取った作品で、甲本が主役を演じるなどの交流があったそうだ。すでにバンド活動をしていた甲本から、ある日「今度のバンドはこんな名前じゃ」と、ブルーハーツ結成のことを告げられたと松重は振り返っている。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

  2. 2
    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

  3. 3
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 5
    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

  1. 6
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  2. 7
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

  3. 8
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  4. 9
    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

  5. 10
    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク