ティモンディ高岸宏行 済美高校の後輩・安楽智大がパワハラで自由契約のバツの悪さ

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ・ティモンディの高岸宏行(31)と前田裕太(31)が都内で行われたイベントに登場したのは先日のこと。2人は高校野球の名門・愛媛の済美高野球部出身。同校野球部の4学年後輩で、複数選手へのハラスメント行為が認定され、楽天を自由契約となった安楽智大投手(27)について質問が飛ぶと、前田が「先輩として、してあげられるが4年近い差があって……」と言ったところで、関係者から制止され、高岸はコメントしなかった。

「高校球児だった芸能人は多いが、ティモンディの2人にとってあまりにもタイミングの悪い時期の後輩の不祥事だった。おまけに、中途半端なコメント。安楽の先輩として、関係者の制止を振り切ってでもコメントすべきだったのでは」(ワイドショー関係者)

 コンビとして特に芸で実績があるわけでもなかったが、昨年7月、高岸がプロ野球の独立リーグであるBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団。プロ野球選手となり芸人との“二刀流”で話題になっていたのだが……。

「高岸の決めゼリフは済美の校訓である『やればできる』なので、テレビではしばらく使いにくい。さらに、“客寄せ”だったBCリーグでは、今季の登板で先発した3試合連続で負け投手になり、もはや戦力にはならず。チームの公式サイトでは『練習生』のカテゴリーに名を連ねていただけに、来季の出場は微妙かもしれない」(スポーツ紙記者)

 笑いの力でピンチをチャンスに変えられるか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める