大河「光る君へ」まひろに新たなライバル…存在感を放つ瀧内公美は柄本佑との“体当たり濡れ場”が話題

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマ「光る君へ」の第10回「月夜の陰謀」では、兼家(段田安則)が道長(柄本佑)たち一族を巻き込んで、秘密裏に花山天皇(本郷奏多)を退位させ、孫の懐仁親王(高木波瑠)を擁立する計画を進め始める。父親の陰謀計画が着々と進むほど、藤原家の「駒」として動かざるを得ない道長のストレスは増し、同時にまひろ(吉高由里子)への気持ちが膨れ上がり恋文を送り続ける。

 ダイレクトに自分の気持ちを伝える道長に対して、完全にマウントをとるまひろ。冷静な返事で道長の気持ちをさらに煽る。その割に抑えきれなくなった道長との密会では、ハグから初キス、そして「一緒に遠くに行こう」まで無抵抗の一直線。目をうるうるさせて「ずっと好きだった」「幸せで悲しい」って、男の気持ちを揺さぶる。

■不気味な風を吹かせて登場したのは…

 高揚している道長の前に不気味な風を吹かせて登場した明子様が気になる。道長の正妻は倫子であるが、もう一人の妻となる人である。演じるのは瀧内公美。1989年生まれ、富山県出身。2014年公開の映画『グレートフルデッド』で主演デビュー。多くの映画やドラマに出演しているが、柄本佑とともに主演を務めた『火口のふたり』(2019年)では、結婚式を目前にひかえながらも、かつての恋人との情事に耽るヒロインを体当たりで演じ話題となった。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった