全編が濡れ場 映画「火口のふたり」は大人の究極のエロス

公開日: 更新日:

 喧騒を忘れて涼みながら見るなら、ふと我に返ることができる、こんな自然体のセックス物語がオススメ。全編セックス描写といってもいい映画「火口のふたり」(R18+)が23日に公開される。

 原作は直木賞作家、白石一文の同名小説。監督は荒井晴彦。登場人物は柄本佑(賢治)と瀧内公美(直子)だけ。

 2人はいとこ同士だが、若いころ、東京に出て付き合い、欲望のままセックスする日々を送った。その後、故郷の秋田に戻った直子が帰郷した賢治と再会する。直子は自衛隊員と結婚することになっていたが、出張から帰ってくるまでという約束で、かつての関係に戻ってしまう。

 こう書くと、ありふれたストーリーと思われがちだが、バックから迫る柄本のぎこちなさや、拒んでいたのに体が反応してしまい、あえぐ瀧内のセクシーさには甘酸っぱさやノスタルジックなエロチシズムに気持ちが揺さぶられそうだ。一方で、瀧内のボリュームほどほどのオッパイやチラッと見えるヘアにはグッとそそられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る