全編が濡れ場 映画「火口のふたり」は大人の究極のエロス

公開日: 更新日:

 喧騒を忘れて涼みながら見るなら、ふと我に返ることができる、こんな自然体のセックス物語がオススメ。全編セックス描写といってもいい映画「火口のふたり」(R18+)が23日に公開される。

 原作は直木賞作家、白石一文の同名小説。監督は荒井晴彦。登場人物は柄本佑(賢治)と瀧内公美(直子)だけ。

 2人はいとこ同士だが、若いころ、東京に出て付き合い、欲望のままセックスする日々を送った。その後、故郷の秋田に戻った直子が帰郷した賢治と再会する。直子は自衛隊員と結婚することになっていたが、出張から帰ってくるまでという約束で、かつての関係に戻ってしまう。

 こう書くと、ありふれたストーリーと思われがちだが、バックから迫る柄本のぎこちなさや、拒んでいたのに体が反応してしまい、あえぐ瀧内のセクシーさには甘酸っぱさやノスタルジックなエロチシズムに気持ちが揺さぶられそうだ。一方で、瀧内のボリュームほどほどのオッパイやチラッと見えるヘアにはグッとそそられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る