二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

「DayDay.」低迷で山里亮太の首も危うい…芸人は好感度だけではやがて飽きられる

公開日: 更新日:

 松本人志が芸能活動を休止して4カ月が過ぎた。当初、「松本ロス」を心配する声もあったが、“喉元過ぎれば熱さを忘れる”。世間から忘れられたかのようにバラエティーも順調に回っている。松本がいなくとも特に困ることはない。人材豊富なタレントが揃っているので松本の穴は十分、埋められている。

 松本所属の吉本だけでも個性豊かなタレントが揃う。芸能関係者によれば、「大黒柱になった明石家さんまは責任感からか、精力的に仕事をこなしながら、後輩の面倒を見ている」と、松本がいなくなったことで引き締まったようにも見える。

 松本の相方・浜田雅功は何事もなかったように十八番の“怒鳴り”で番組を回し、さんま・浜田に続く吉本の後輩も粒揃いだ。

 ポスト・松本の最有力候補の1番手は今田耕司だろう。かつて、島田紳助が引退した時もフォローしたのが今田。MCスキルは磨きがかかり、現在、ローカルも含めMCを務める番組は6本。NHKの「ファミリーヒストリー」など番組の幅が広いのも強みだ。

 今田と同期の東野幸治、“フットボールアワー”の後藤輝基もすでにMCとして安定している。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ