芝翫の不倫に七之助の交際と梨園は浮いた話題に事欠かないが…「松竹」株価安定のウラ側

公開日: 更新日:

 三田寛子(58)が夫・中村芝翫(58)と愛人の半同棲先に怒鳴り込んだ様子や、中村七之助(41)の真剣交際が「NEWSポストセブン」で相次いで報じられ、「梨園」が話題になっている。

 中村七之助のお相手は、以前から交際が報じられていた京都の芸妓Aさん。七之助の実家に泊まり、歌舞伎仲間の披露宴に同伴と、もはや“公認”の仲でゴールインも間近というおめでたい話。一方の三田は、芝翫に向かって「もっとしっかりしなさいよ!」と怒号が響く“修羅場”。しかも芝翫は3月にも例の不倫相手とドライブ中にスピード違反で取り締まられたばかり。普通のタレントなら大炎上してもおかしくないところだが、バッシングになるどころか勧進元の松竹の株価はじわじわながら回復傾向。昨年10月の9048円を底に長引くコロナ禍から下げ止まった様子で、6月14日の終値は9628円に。芝翫のスキャンダルは株価に影響を与えるほどではないようだ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「三田さんの“カミナリ”は、息子3人が9月に開催する『成駒屋自主公演』に向けて『この時期は絶対にやめてよ!』という強い意志の表れ。とはいえ、芝翫さんの芸自体の評価は高く、仕事はしっかりやっているから名を下げておらず、炎上に至っていない。三田さんも、浮気夫に手を焼く姿に同情票が集まり、プラスの話題に転じている。そこに、七之助さんのおめでたい話や菊之助、菊五郎の襲名と、どれも芸に精進し、実力のある歌舞伎役者の話題が重なり、そうした期待の高まりが株価の安定にもつながっているのかもしれません」

 下げ止まらないのは芝翫の株だけのようだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変