佳子さまのOL姿もあとわずか?眞子さんのように“皇室から出たい”が本音も結婚には高い障壁

公開日: 更新日:

 “OL姿”が写真週刊誌「FRIDAY」(2024年7月19日号)に報じられたのが、秋篠宮家の次女の佳子さまだ。6月下旬、上下モノトーンの服装にマスク姿の佳子さまが、東京都新宿区内のオフィスビルから家路につく際に撮られたものだ。

 佳子さまは21年5月に全日本ろうあ連盟の非常勤嘱託職員となったものの、コロナ禍でしばらくリモートワークが続いていた。
 
「コロナ明けも出勤の気配がないと言われる中、勤務先は新しいオフィスビルに転居したばかりで、初めて佳子さまの出勤姿が確認されました。今年4月に日本赤十字社に入社された愛子さまと何かと比較されがちですが、佳子さまも定期的に通勤されているようです」(女性週刊誌記者)
 
 ここ最近盛んに報じられているのが、佳子さまのご結婚について。お相手候補として鹿児島の名門・島津家の末裔で、メガバンク勤務の男性など具体的な名前が報じられている。佳子さまは今年12月に30歳になられるが、姉の眞子さんが小室圭さんと結婚された年齢。だが佳子さまは、ご結婚によって皇室を出ようにも簡単に出られない状況にあるという。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで