「裸はイヤ」と連ドラを降板した多岐川裕美

公開日: 更新日:

<1978年7月>

 7月中旬、フジテレビの連続ドラマ「飢餓海峡」1回目の撮影が青森県五所川原市で行われていた。2日目の朝のことだった。開始時刻になっても娼婦・杉戸八重役の多岐川裕美(当時27)が現場に姿を見せない。犯人役の山崎努、刑事役の若山富三郎と並ぶ主役のひとり。

 当日は遊郭のシーンを撮る予定だったが、肝心の女優がいないのではカメラを回すことはできない。監督の浦山桐郎は「どういうことだ!」と周囲に当たり散らした。

 スタッフが慌ててホテルに駆けつけ、多岐川に会うと、ドラマから降りたいと言いだし、一歩も動こうとしない。次の日、浦山監督を交えて話し合いが持たれたが、「私にはできそうにない」の一点張り。はっきりとした理由は口にしなかったが、どうも裸になるのが困るということらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る