「裸はイヤ」と連ドラを降板した多岐川裕美

公開日: 更新日:

<1978年7月>

 7月中旬、フジテレビの連続ドラマ「飢餓海峡」1回目の撮影が青森県五所川原市で行われていた。2日目の朝のことだった。開始時刻になっても娼婦・杉戸八重役の多岐川裕美(当時27)が現場に姿を見せない。犯人役の山崎努、刑事役の若山富三郎と並ぶ主役のひとり。

 当日は遊郭のシーンを撮る予定だったが、肝心の女優がいないのではカメラを回すことはできない。監督の浦山桐郎は「どういうことだ!」と周囲に当たり散らした。

 スタッフが慌ててホテルに駆けつけ、多岐川に会うと、ドラマから降りたいと言いだし、一歩も動こうとしない。次の日、浦山監督を交えて話し合いが持たれたが、「私にはできそうにない」の一点張り。はっきりとした理由は口にしなかったが、どうも裸になるのが困るということらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る