「裸はイヤ」と連ドラを降板した多岐川裕美

公開日:  更新日:

<1978年7月>

 7月中旬、フジテレビの連続ドラマ「飢餓海峡」1回目の撮影が青森県五所川原市で行われていた。2日目の朝のことだった。開始時刻になっても娼婦・杉戸八重役の多岐川裕美(当時27)が現場に姿を見せない。犯人役の山崎努、刑事役の若山富三郎と並ぶ主役のひとり。

 当日は遊郭のシーンを撮る予定だったが、肝心の女優がいないのではカメラを回すことはできない。監督の浦山桐郎は「どういうことだ!」と周囲に当たり散らした。

 スタッフが慌ててホテルに駆けつけ、多岐川に会うと、ドラマから降りたいと言いだし、一歩も動こうとしない。次の日、浦山監督を交えて話し合いが持たれたが、「私にはできそうにない」の一点張り。はっきりとした理由は口にしなかったが、どうも裸になるのが困るということらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る