「裸はイヤ」と連ドラを降板した多岐川裕美

公開日: 更新日:

 背景にあったのはプロダクションの意向。ちょうどその頃、それまで所属していた東映から三船プロへの移籍話が進んでいた。

「契約で裸をOKしたのは東映だったんですが、すでに多岐川は実質的に三船プロの支配下にあった。彼女を清純派として売り出す腹積もりの同プロは、契約破りに出たというわけです」(芸能記者)

 現場についてきたマネジャーも東映ではなく三船プロの人間だった。そのことも多岐川に裸になりたくないと言わせたもうひとつの理由だった。

「単なるマネジャーというだけでなく、恋人でもあった。その前で他人に裸をさらすのは多岐川としては気が引けた。女心でしょう」(同)

 この人物は後に夫となる阿知波信介氏。「ウルトラセブン」でソガ隊員を演じた人気俳優だったが、裏方に転じていた。当時、阿知波氏には妻子がおり、いわば不倫の関係だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る